ソーシャルセキュリティー番号

Home / DIARY / America / ソーシャルセキュリティー番号

カードが届いた!っと言っても紙。

こんなちっぽけな物とは思わなかった(笑)

せめてラミネートとかされてるあと思ったけど…。

でも、クラリサに無くしたら身元が危うくなるから大切に仕舞わないとダメだよ。っと注意された。

なんだか面倒やな〜(笑)

でも、これでアルバイト代がもらえる!ルンルン!

2 Comments

  • hikomal

    まずは、番号を完全に記憶すること。万一カードがなくなっても、覚えていればなんとかなる。できれば手元に書いていないほうがいい。日本でも、私の友人は通帳もカードも紛失したが、キャッシュカードの番号だけはおぼえていて、なんとかなった。ソーシャル・セキュリティー・ナンバーなくても、日本でも何らかの番号でコントロールされているのですから。うーむ、私もキャッシュカードナンバーは携帯電話に書き込んだだけで、覚えてはいないが。

  • hiroks

    いや〜、番号にはめっきり弱くて…。
    やっとこっちでの携帯番号を覚えたぐらい(笑)
    でも、SSNは携帯に書き込みました。

Comments are closed.