オスカー

Home / DIARY / America / オスカー
ルーザベルとホテルの窓から見た景色。チャイニーズシアターが右に見える。もっと右に行くとKodak Theater
エリカと私
左奥にKodak Theaterがある。道は完全に塞がってました。その周りにホームレスの人が沢山いた。

夜はCoo Coo Rooで夕飯を頼んだ。チキン、スタッフィング、マッシュルームにマカロニチーズ。ちょ〜アメリカ(笑)

2日連続で早起き。

昨日買ったH&Mのドレスを着て、ハリウッドへ。
エンタメチャンネルのE!は一日オスカー特集。

彼らはルーザベルとホテルの中にセットを作って、生番組レッドカーペットの前に
去年のドレスだの映画の話だのして、10時から2時のの観客としてず〜っと座って手を叩いたり、
イェーイだの、ブーだの言ってました。

ステージは十時になっていて、四つの空いているエリアに私たちは観客が座っている。
セグメントを変える度に違うエリアのステージを使っての撮影。
でも、部屋はセットしてあるから、カメラを移動してちゃっちゃか撮影。

最初の15分ほどは面白かったけど、とにかく7時半から座ってるからすぐに飽きた(笑)

しかも、写真撮影はダメで携帯の電源も切らなくてはならなかったから、余計ヒマ。

それはタレントも同じらしく、黒人のデザイナーが待っている時、今最高にツイートしたいのに、携帯取り上げられた!っとグチってた(笑)

最後は最前列に移動させられたので、エンディングでばっちり映ってたみたいだけど
日本では見れないだろうし、生番組だったから今後見られる事もないでしょう。

家に帰ってからは引き続きエリカの家でレッドカーペット、そしてオスカーを見た。

家で見る方がゆっくり出来て楽(笑)

Oscar Ballot、予想もやって、私は24カテゴリー中13予想が合った。エリカとトムは同じで15。
やっぱりThe King’s Speechがとったね。

映像編集がThe Social Networkに行ったのは驚き。
特に「編集」が素晴らしかったとは思わなかったのだが…。
ちなみに私は127 Hoursを選んだ。
ボストンにいた時Danny Boyleのお話付きで上映会があったのだが映画館で耐えられるか分からなかったから行かなかった。
でも、話を聞くと映画開始後すぐにアクシデントは起こるって言うから、
飽きないストーリテリング、編集で成り立っているんだろうと思ったのだが…。

私が一番嬉しかったのはTrent Reznorが作曲賞を取ったこと。
彼はNine Inch Nailsのフロントマンでレーベルを真っ先に離れ、
ネット上で自分の音楽を提供し音楽業界を変えた人。
スーツ姿のTrent Reznorはちょっと違う人に見えた(笑)

夕飯を食べながら生でオスカーを見たのはちょっと不思議な感じだったが、
エリカもオスカーが終わるとすぐに寝ないといけないのに、まだ9時なんて不思議って(笑)
今まで全く違う場所(時間帯)で住んでいた事を実感する。

2 Comments

  • hikomal

    Oh, my! 知っていたらちゃんとWow-wowに加入して録画したのに・・・。知り合いに聞きなさい!誰か録っているはず。The King’s Speech、あれが映画です。ノミネートされた作品群(作品賞、監督賞の対象)のなか、日本でこれまでに封切られたのは「英国王」と「ソーシャル・ネットワーク」だけ。毎年のことですが。東京/横浜は真冬に舞い戻っています。

  • hiroks

    あれっ?インセプションは公開されたでしょ?って私は見ていないのだが…。
    英国王はお気に入り。とてもフレーミングと映像が美しいし、ペースも演技も好き!

    こちらもオスカー前日は大雨が降り、ハリウッドサインには雪が降るなんて予想が出ていましたが…
    バーバンクではヒョウが降ったみたい。オスカー当日は寒かったです。

Comments are closed.